読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Long Long Investment

資産2億円を目指して、コツコツと

働かずに食っていく

phaさんが書いた「ニートの歩き方」っていう本を読みました。

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 phaさんとは

日本一有名なニートと言われているphaさんですが、ちょうど「ニートの歩き方」に彼のプロフィールがあったので、引用してみます。

1978年生まれ。京都大学総合人間学部に入学するも、オンボロ学生寮に入ったことで足を踏み外す。大学を6年かけて卒業し、社内ニート的なサラリーマンを3年くらい続けたあと、2007年にTwitterとプログラミングに出会ったのをきっかけに会社を辞め、それからは定職に就かずにふらふら過ごしている。ブログ(http://pha.hateblo.jp/)は月間5万~10万のページビューを持つ。パソコンやネットが好きな人が集まって暮らすシェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人。Twitter Bot作成スクリプト「EasyBotter」作者。できるだけ働かずに生きていきたいです。

「京都大学卒なのにもったいない」それが世間一般の感想なんだと思います。

でも僕にはそう思えません。彼は集団行動が苦手で、じっと座っていることができなくて、社会に溶け込んで、みんなと同じように働く、それが苦痛だった、だから自分が生き延びる、自分が自分らしく生きれる方法を探しただけだと思うのです。

人はともすれば、みんなと同じように進学し、就職し、結婚し、家を買い、定年まで働くことこそが幸せだと盲信してしまいがちです。僕も以前はそう信じていました。

でもいろんな人と出会い、いろんな本を読む中で、多様な人生観を認めることができるようになったと思います。

ニートというのは近年できた新しい生き方であるし、本書を読んでニートの生活を垣間見て、そこにある幸せというものを知ることができたのは、これからの人生や生き方を考える上で良い影響を与えてくれました。

働かざる者食うべからず

本書を読んでいく中で、印象的な言葉がありました。

「働かざる者食うべからず」って言葉が嫌いだ。
P229

結論から言うと、別に働かなくても人間は生きていていいと思う。人間って別に働くために生きているわけじゃない。人間という概念はそんなに狭いものじゃないはずだ。人生をより良く送るための手段として働くのはありだけど、それはあくまで手段にすぎないのに、働くこと自体が人生の意味のように思っている人が多い。
P230

本当は、お金を持っているかどうかって、本人の努力とか勤勉さとはそれほど関係なく、生まれ育った環境だとか、健康状態だとか、働き始めたときの景気だとか、その他いろいろの状況や運によって決まる部分が多い。個人の努力で決まる割合は半分くらいだから、努力と結果を過剰に結びつけるのは人間を無駄に追い詰めて不幸にするだけだ。
P232

周りを見れば、ふらふらと遊んでいる金持ちもいるし、父親が経営する会社に入ってすぐに出世していくボンボンもいます。

お金があるかどうかは本人の努力だけで測れるものでないというのは分かってはいるんだけど、お金を持っていない人ほど「働かざる者食うべからず」「ニートなんてもってのほかだ」と追い詰めます。

そうやって貧乏人が貧乏人同士で足を引っ張ることは、結果的に安く労働者を雇うことで利益を得る資本家・企業経営者に資することにしかなりません。

僕は働かなくても人は好きに生きていていいと思います。それが自分で保てるならば。人に迷惑をかけないのであれば、どういうふうに生きても、それは個人の自由であると感じています。

だからこそ、僕も働かずにふらふらと旅行する生活を目指しているわけです。

働かないphaさんの生活

彼は賢く、紛れもなく日本で一番有名なニートであると言えるでしょう。そんな彼がどのように生計を立て、どんな一日を送っているかを知るには本書を読んでみてください。こんな生き方もあると知ることで、少し心が軽くなる…かもしれません。